2:新学生寮

定礎式&竣工式!(新学生寮)

 欅寮がついに竣工しました!
本当に一年で建つんですね。大学関係者並びに設計、工事関係者の皆様の
想いがついに実を結んだ日となりました。
竣工式に先だって定礎式。これは寮入り口脇に「2010」と刻まれた定礎板を埋め込む式なのですが、奥に少し空洞があります。ここには新聞や通貨、建設の様子を写した写真などを入れ込むのがならわしで、きっと欅寮取り壊しの日に取り出されることでしょう。その後に本学の永田牧師により、竣工式がおこなわれました。
大きな事故もなくこの日を迎えることができたこと、そしてこれからの欅寮、ICUの
発展を祈って閉式しました。

*欅寮のブログはこれで終了です。ご覧になってくださった皆さん、ありがとうございました。
今後も引き続き、ダイアログハウス建設ブログでお楽しみください。


D0318.JPG
D03184.JPG

D03186.JPG
D03187.JPG

D03188.JPG

2010年3月3日の様子(新学生寮スペシャル版)

 引き渡し寸前の欅寮に潜入しました
ほぼ内装も完成しています。入って最初の感想。
「これは学生寮なのか!?」
独創的な構造にこだわりのアイデア。今までの学生寮の
常識を覆す、まったく新しい寮という感じです。
言葉よりも写真でみて頂いたほうが実感頂けるでしょう。


R0303_1.JPG
R0303_2.JPG

R0303_3.JPG
 

R0303_4.JPG

R0303_6.JPG

R0303_7.JPG

R0303_8.JPGR0303_9.JPG

2010年2月24日の様子(新学生寮)

 前回とあまり代わり映えしない写真ですが、
内装がどんどん出来上がっています。
完成まで約3週間となりました。
昨日応募も締め切られました。

3月中旬に、皆様より一足先に関係者で宿泊をする
ことになりました。私も宿泊して住み心地をレポート
させて頂きますのでお楽しみに!

R0224.jpg

2010年2月11日の様子(新学生寮)

 ついにベールを脱いで、その姿を現しました。
いよいよあと1ヶ月、最後の仕上げに現場も大忙しのようです。
R0211.jpg

2010年1月12日の様子(新学生寮)

いよいよあと2ヶ月で完成です。
これはモデルルームの入口ですが、だいたいこんな雰囲気になります。


R0112_1.JPG

外壁のレンガが少しずつ貼られています。少し薄めのカラーで、街の中でみかける
マンションとは雰囲気がちがいますね。

R0112_2.JPG

欅寮のモデルルーム完成!

 ついにモデルルームが完成しました。まだ手直ししていくところも
ありますが、大体の雰囲気を感じて頂けるのではないでしょうか。
実際にその場に立つと、思っていたより広く感じました。
いよいよ完成に近づいているのですね。

D1222.jpg



D1222_2.jpg


D1222_3.jpg

2009年12月11日の様子(新学生寮)

 今日は新学生寮の現場見学に参加することができました。
いつも遠巻きに見ていましたが、実際に内部に入ると想像していた以上の
大きさに驚きます。まだ内装は完成していませんが、現場の皆さんが寒い中
がんばって作業を続けてくれているので、もう少ししたらモデルルームも
完成するかも知れません。
現場を見る機会というのはほとんどないので大変勉強になりました。
これだけの規模のものを高い精度で仕上げるのは大変な技術が必要なのでしょうね。

ちなみに、来年度の新2年生向けの募集がいよいよ開始の予定です。


*写真は寮室を扉側から写したものです。大きな窓の真ん中あたりにパーティションが

立って2分割されます。

DSCF0725s.JPG

バーチャルツアー(第二弾)

 先日このブログ上でCGによる寮内のバーチャルツアーをご案内致しましたが、
さらにキレイなものが手に入ったのでご案内します。
今回はキッチンや、みんな気になる寮室内のツアーもあります。
準備ができたら下のリンクをクリックしてください。

<バーチャルツアー第二弾へ!>

2009年12月4日の様子(新学生寮)

 わかりづらい写真ですいません。
これは寮の外壁なんですが、ちょっとヒミツがあります。

コンクリートの外壁は出来上がったばかりのときはツルツルなんですが、
高圧水で表面に傷をつけているようです。

実はツルツルだと外壁にタイルを貼ったときに、時間が経ってから剥離して
しまうようなことがあるそうです。そこで接着をしっかり行うために
傷を付けるのだそうです。色々な工夫があるのですね。



R1204.JPG

2009年11月12日の様子(新学生寮)

 入口のアーチ部分です。
来年4月にここをくぐるのはあなたかも知れませんよ!


R1112.JPG

2009年11月6日の様子(新学生寮)

 現場に潜入(侵入)しました。これはどこの写真でしょうか。
正解は「欅寮1Fの一番北東の居室」です。
今はまだ何もありませんが、3ヶ月後にはしっかり部屋になって
いることでしょう。新学生寮の建設も予定通りに進んでいます。
12月末までに基本部分が90%はできあがるとのことです。

R1106.jpg

新学生寮バーチャルツアーへ!

 ひとつ前のエントリーはご覧頂けましたか?
寮の構造がわかったら、バーチャルツアーに出発しましょう。
このツアーでは、
玄関から寮に入り、エントランスホールを通って階段で2階に上がり、
2階ラウンジ部分を一周します。新学生寮の開放感をご堪能ください。
ツアーが終了したら流れ解散です。

以下の点を了承したら、下の「バーチャルツアーに出発!」の
文字をクリックしてください。いよいよツアーに出発です!

・映像は内部構造のプレゼンテーション用に作られたもので、
家具類の種類、配置等は一切未定です。内部のカラーリングも
含めてこれから選定作業となりますので、雰囲気を知るための
ツアーとなります。

・ご覧になるにはFlash Playerがインストールされている必要が
あります。まだインストールされていない場合は一番下のリンクから
インストールしてください。

<バーチャルツアーに出発!>



<Flash Playerのインストールへ>

寮の1階平面図

新学生寮の一階部分平面図を公表します。
図の上の部分が玄関になっており、入ってすぐ右手に管理人さんの
部屋、左側が下駄箱です。
その先にロビー、そこから3方向に「ポッド」と呼ばれる
居住部分が分散する構造です。寮内へは寮生しか入れないだけでなく、
さらに各階の居住部分はその階の住人以外は入れないようにセキュリティ
システムを組みます。各部屋にも鍵があります。
学内の寮ですが、万全のセキュリティと管理人常駐管理を実現します。
初めて実家を出て生活する学生さんでも安心ですね。
3つの階層の構造はほぼ一緒で、共通施設としてキッチン、洗濯室、
スタディールームがあります。
都内の大学で、これだけの規模の寮を学内に置けるのがICUの自慢です。

Dorm1.jpg※ この図は最終的なものではありません。
細かい部分の変更は今後も行われます

寮内のイメージスケッチ

 寮内のイメージスケッチです。
わかりづらいですが、これは吹き抜け部分から2階ロビーを眺めている絵です。
上下階が見えますが、3階は女子、1階は男子のフロアです。
手前の二人席の部分は寮生なら誰でも立ち入れるエレベータホールで、
ガラスで仕切られた奥のスペースはその階の住人だけが立ち入れる
ラウンジです。開放感のある個性的な造りになります。
*スケッチは「イメージ」です。内装色や部屋の設備も含めてこれから
選定作業に入りますので、完成時のものとは異なる予定です。

 RYO2F.jpg

新学生寮の寮費について

 新学生寮の寮費ですが、「寮費(部屋代)」は43,000円に決まりました。
これに「管理費、光熱費」が加わり合計で53,000円前後になりそうです。
一般的な大学寮と比べるとグローバルハウス同様少し高いのですが、
新しい寮は「受益者負担の原則」で建設されているため、この金額になりました。
これは簡単に言うと、
「寮に住む学生の経費(建設費/管理費等)を負担するのはあくまで寮生であり、
寮に住まない学生が負担することは理解を得られない」
という明解な考え方です。
寮費に見合う立派な寮とすべく、教職員でがんばっているところですので
ご理解頂きたく思います。


寮居室のイメージスケッチ

 寮の居室のイメージスケッチと間取り図です。
二人部屋といっても、
「1部屋を二人で使う」というより「一人部屋を2つくっつけた」ぐらいの
広さがあります。二人部屋で共同生活をすることで友情を育み、人間的に
成長して欲しいという思いから、あえて二人部屋となっているのです。

*スケッチは「イメージ」です。内装色や部屋の設備も含めてこれから
選定作業に入りますので、完成時のものとは異なる予定です。

imageRYOs.jpg

寮名について

 2010年度に1棟、2011年度に2棟が完成する新学生寮ですが、
5月に寮名が決定しています。
記念すべき1棟目は「欅寮(英語名:Zelkova House)」、2、3棟目はそれぞれ
「銀杏寮(英語名:Ginkgo House)」「樫(かしのき)寮(英語名:Oak House)」
となりました。在学生、OB、OGやICUの関係者に対し公募を行い、
36通の中から選ばれました。
どの案もよく練られた素晴らしいものばかりだったのですが、やはり建物の名前を
決めるというのは難しいんですね。
日本語では良いのに英語では誤解されるような名称ではないか、非常に難解な単語を
使ってはいないか、さらには日本語名も英語名にしても問題ないが電話等で住所を伝えるときに
間違えられやすいものではないか、といったように色々と考慮しなくてはいけないことが多く、
なかなか簡単には決まりませんでした。
そのような中で、シンプルでわかりやすく、ICUらしさが発揮されている
上記の名称に決定しました。OBの木越純様(1983年教養学部卒:27期)にご応募頂いた
名称です。



新学生寮について

 新学生寮は3階建で、上から見ると「十字形」をしている特徴的な建物です。完成すると126名を収容するICU最大の寮施設になります。階層毎に男女が分かれて居住する予定です。居室は二人部屋ですが、一人一人のスペースは個室の寮に匹敵する広さが確保され、ゆったりとした造りになっています。2010年3月完成予定です。

新学生寮.jpg