伊藤比呂美×読書会(9/26, 10/10, 11/2)のお知らせ


20171110_伊藤比呂美jp.png
ポスターPDF(A4×2枚、3.3MB)

11/10に行われる「伊藤比呂美×ジェンダーと詩」イベントに先駆けて、伊藤比呂美×読書会を開催いたします。

開催日時:
9月26日(火)@ ERB1-357 12:40~14:40
10月10日(火)@ ERB1-301 12:40~14:40
11月 2日(木)@ ERB1-357 12:40~14:40

ランチのお持ち込みは自由です。

担当:フリアナ・ブリティカ・アルサテ(ジェンダー研究センターRIA(研究所助手)
jburitica@gmail.com


(11/10の「伊藤比呂美×ジェンダーと詩」イベントにつきましては、当記事に掲載しておりますポスターをご覧ください。詳細につきましては、後日改めてお知らせいたします)

Pick Up!


20170930(F)_X-Gender.png
ポスターPDF(A3, 0.74MB)

国際基督教大学ジェンダー研究センター YoRAP(Young Research Action Program)公開討論会
Xジェンダーを考える:アイデンティティ、名乗り、ネゴシエーション

日時:
2017年9月30日(土・休)
14:00-17:30(13:30開場・途中休憩あり)
参加無料・予約不要

言語:
日本語(同時通訳なし)

会場:
国際基督教大学ダイアログハウス2階 国際会議室

報告者:
SPF・デール(一橋大学社会学研究科・専任講師)

コメンテーター:
清水晶子(東京大学大学院総合文化研究科・教授)

司会・コーディネーター:
井芹真紀子(CGS研究所助手・東京大学大学院博士後期課程)


「Xジェンダー」は、「"日本固有" のアイデンティティ・カテゴリー」という枕詞とともに議論されることが多い。しかし、その「固有性」とは、英米においてなされてきたジェンダーやセクシュアリティをめぐるアイデンティティの政治とどこで重なり、どこでずれていくのだろうか。「Xジェンダー」という名乗り/名付けと、その実践による既存の規範との交渉は、ジェンダー・セクシュアリティ研究において、歴史的・理論的に、どのように位置づけられるだろうか。
報告者に、ソニヤ・デールさん、コメンテーターに清水晶子さんをお迎えし、Xジェンダーをめぐるアイデンティティと名乗り/名付けのポリティクスについて考えます。皆様のご参加をお待ちしております。


20170919_A3_fuwacafe044.png

ポスターPDF
(A3, 0.8MB)

第44回 ふわカフェ
カミングアウト

日時
2017年9月19日(火)12:50-15:10

予約不要、途中参加・退室も自由。入場無料(ランチの持込、お菓子や飲み物の差し入れ歓迎!)。


会場
ジェンダー研究センター
 第一教育研究棟(ERB-1) 301
 本館のとなり、図書館の正面にある建物。
 窓にレインボーフラッグが飾られた、3階の角部屋です。


トークテーマ
カミングアウト / Coming Out
 「同性が好きかもしれない」「男女両方が好きかもしれない」「自分は恋愛とか興味がない」「いまの身体は女性だけど、男性として見られたい」「いま の身体は男性だけど、女性として見られたい」「性別で自分のことを決めつけられたくない」「自分の性の在り方をひとつに決めつけたくない」...または、 これらには当てはまらないけど、気になること、話してみたいことがある。

 友人・なかま・学校・サークル・家族・働く場などなど、コミュニティや人間関係のなかで感じてきたこと・もやもやしたことありませんか? コミュニケーションのなかでよかったこと・がっかりしたことなどを手がかりに、ジェンダーやセクシュアリティにまつわること、みんなでふわっとおしゃべりしてみませんか?

お菓子や飲み物を用意して、みなさんの参加をお待ちしています。


ふわカフェ世話人
 Juliana、ヘンリ


Asexual_Reading-2.png
ポスターPDF(A3, 0.8MB)

(1)読書会タイトル:
アセクシュアリティを/から考える

(2)紹介文:
「アセクシュアルとは性的魅力を経験しないひとのことである」(AVEN)
この読書会では、ウェブサイトや論文を含む様々な資料を扱うことで、アセクシュアリティ(無性愛)について学び、またそれを通して差異の政治について考えていきます。
ご自身の性的指向や性自認など関係なく、ご関心のある方はどなたも大歓迎!

文献情報などについては下記URL(随時更新)にてご確認ください。

URL: goo.gl/C6SK8Q

(3)開催曜日・時間帯:
木曜ランチタイム

(4)初回日時:
9月21日(木)

(5)担当者氏名及び所属:
羽生有希(東京大学大学院博士後期課程/CGS RIA)

20170914-15_A3_CGSTeaParty.png

ポスターPDF(A3, 0.52MB)

CGS Tea Party 2017 September

日時
2017年9月14日(木) 12:40-15:00
2017年9月15日(金) 12:40-15:00

会場
ジェンダー研究センター
第一教育研究棟(ERB-I) 301
※入場無料、予約不要、入退場自由
※ランチの持ち込みも自由です

 CGS(ジェンダー研究センター)はジェンダー・セクシュアリティー研究に関心がある全ての人たちに開かれたコミュニケーションスペースです。今学期も新入生を含む学内の皆さんに私たちを知っていただく機会として、ティーパーティーを開催します。
 pGSS (ジェンダー・セクシュアリティ研究メジャー)についての質問や、登録・履修に関する相談もできますよ。
 所員、院生、学生スタッフ一同、お茶とお菓子を用意してお待ちしております。
 予約不要! ふらっとお立ち寄りください。

cgsJNL012.png

CGSジャーナル『ジェンダー&セクシュアリティ』12号が発刊されました。
冊子版の発刊からオンライン版の公開まで時間を頂戴しましたこと、お詫び申し上げます。

全文は、こちらのリンクからPDFファイルにてダウンロードできます。
CGSjnl012.pdf (3.1MB)


12号の内容は次の通りです。 (各記事ごとの電子ファイルは準備中です)

月別 アーカイブ