2016年ゴールデンウィーク閉室のおしらせ

4月29日(金・休)の読書会は、ERB-1 318で開催します。

GW閉室期間
2016年4月29日(金)~5月8日(日)

CGS Closed Golden Week
April 29th(Fri) - May 8th(Sun) 2016

Pick Up!

RainbowReunion2016s.png

ICUジェンダー研究センター主催 第2回「Rainbow Reunion」のおしらせ

 CGS(国際基督教大学ジェンダー研究センターCenter for Gender Studies)は、ジェンダー・セクシュアリティの研究に関心がある全てのひとに開かれた、新しいコミュニケーションスペースとして、2004年4月に発足しました。
 この10年超のあいだ、CGSは、アカデミズム・アクティビズムの垣根を越えた、数多くの企画を行なってきました。学内・学外を問わず、ジェンダー・セクシュアリティをめぐる諸問題に興味を持つ多くの人にお集まりいただく中で、さまざまな人と人とのつながりが生まれ、広がってきたことを実感しています。
 そこで、来たる6月11日(土)に「Rainbow Reunion」と銘打ったCGS主催の「同窓会」第2回を、アラムナイハウスにて開催します!!

 ICU在学中に、ジェンダー・セクシュアリティを学んだ方もそうでない方も......
 セクシュアリティのこと、からだのこと、アイデンティティのことetc.を気軽に話せるひとが身近にいた方もそうでない方も......
 CGSのイベントにたびたび参加いただいた方も、今回初めてとなる方も......
 これまでと現在を、ゆるやかに語り合い、そしてまた新たなつながりが生まれる場所になればと思います。

 どうぞふるってご参加ください!

---------------------(以下転載歓迎)--------------------------

● 日時:2016年6月11日(土)13:00~16:00

● 場所: アラムナイハウス 2階ラウンジ(ICU学内、東京都三鷹市大沢3-10-2)

● 会費: 学生500円~ その他1,000円~(任意の金額をお支払いください)

※会費は、当日の軽食・ドリンク代および会場費に充てられます。残金が出た場合は、ジェンダー・セクシュアリティ研究の優秀な卒論におくられる、「ジェンダー・セクシュアリティ レインボー賞」の資金に寄付させていただきます。

※小学生以下無料です。

●参加対象者: ICU(大学又は高校)での在学経験、就労経験がある方。CGSのイベントなどにご参加いただいた、ジェンダー・セクシュアリティに関心のある方。(当日CGSのイベントに初めて参加する、という方もどうぞお越しください)。

●ご参加の申し込みについて:当日のご参加も可能ですが、おおよその人数を知りたいので、5月27日(金)までに下記メールアドレスまでお知らせください(☆を@に変えてください)。

rainbowreunion.cgs☆gmail.com

●その他:
・アラムナイハウス 1階にユニバーサルトイレがあります。2階へはエレベーターで上がることができます。
・途中参加・退出などもOKです。ご都合にあわせてご参加ください。
・ドレスコードはございません。ご自身のお好みの服装にてお越しください。
・会場内での写真撮影は自由ですが、他の参加者の方のプライバシーが守られるようにお願いいたします。
・お子様のご来場も歓迎しております。(託児施設はございません)。
・イベント内容の詳細情報、変更、当日の異常気象などで中止となる場合は
 CGS Online  (http://subsite.icu.ac.jp/cgs/)
 Facebook (https://www.facebook.com/icu.cgs)
 Twitter (@icu_cgs) にてお知らせいたします。

20160516_fuwacafe032_s.png

日時:
2016年5月16日(月)18:00-20:30

入場無料、予約の必要はありません(茶菓代の寄付、お菓子の持ちよりは歓迎です)。
途中からの参加、退室も自由です。

場所:
ジェンダー研究センター
 第一教育研究棟(ERB-1) 301
 本館のとなり、図書館の正面にある建物。
 窓にレインボーフラッグが飾られた、3階の角部屋です。

トークテーマ
C-Week Special:愛ってナニさ?

キリスト教のなかでもキーワードとしてよく出てくる「愛」って、そもそも自分にとってどんなもの?
宗教にからめたり、からめなかったりしながら、おしゃべりしたいと思っています。

 みんなでふわっと、おしゃべりしよう。

「同性が好きかもしれない」
「男女両方が好きかもしれない」
「自分は恋愛とか興味がない」
「いまの身体は女性だけど、男性として見られたい」
「いまの身体は男性だけど、女性として見られたい」
「性別で自分のことを決めつけられたくない」
「自分の性の在り方をひとつに決めつけたくない」
 ...または、これらには当てはまらないけど、気になること、話してみたいことがある。そんなジェンダーやセクシュアリティのこと、みんなでふわっとおしゃべりしてみませんか?
 お菓子や飲み物を用意して、みなさんの参加をお待ちしています。

(第32回ふわカフェ世話人:Lindsay Morrison/羽生有希)

20160422_fuwacafe031_s.png

日時:
2016年4月22日(金)18:00-20:30

入場無料、予約の必要はありません(茶菓代の寄付、お菓子の持ちよりは歓迎です)。
途中からの参加、退室も自由です。

場所:
ジェンダー研究センター
 第一教育研究棟(ERB-1) 301
 本館のとなり、図書館の正面にある建物。
 窓にレインボーフラッグが飾られた、3階の角部屋です。

トークテーマ
カミングアウト

カミングアウトしてよかったこと/困ったことはありますか?
そもそもカミングアウトってなんだろう?
している人も/していない人も/どっちでもないような人も、カミングアウトについてみんなで一緒におしゃべりしましょう。

 みんなでふわっと、おしゃべりしよう。

「同性が好きかもしれない」
「男女両方が好きかもしれない」
「自分は恋愛とか興味がない」
「いまの身体は女性だけど、男性として見られたい」
「いまの身体は男性だけど、女性として見られたい」
「性別で自分のことを決めつけられたくない」
「自分の性の在り方をひとつに決めつけたくない」
 ...または、これらには当てはまらないけど、気になること、話してみたいことがある。そんなジェンダーやセクシュアリティのこと、みんなでふわっとおしゃべりしてみませんか?
 お菓子や飲み物を用意して、みなさんの参加をお待ちしています。

(第31回ふわカフェ世話人:Lindsay Morrison/加藤悠二)


20160416_S.png

RC-NET, 国際基督教大学ジェンダー研究センター共催 活動報告会
お空に虹をかけるまで
青森の地域におけるジェンダー・セクシュアリティ拠点活動の2年間を振り返って


日程
2016年4月16日(土)13:00-15:00 (開場12:30)

会場
国際基督教大学 ダイアログハウス2F 国際会議室

登壇者
岡田実穂
RC-NET代表、Osora ni Niji wo Kake Mashita共同経営者

宇佐美翔子
RC-NET理事、Osora ni Niji wo Kake Mashita共同経営者

言語
日本語(同時通訳なし)

参加費

無料・予約不要

司会

加藤悠二
CGSスタッフ

このイベントについて
2014年、青森に「Community cafe & bar Osora ni Niji wo Kake Mashita」を開設した、岡田実穂さん・宇佐美翔子さん。地域を超えて、CGSとのつながりをもってくださっているおふたりと共に語り合う場を、今年もまた設けられる運びとなりました。初めての方もぜひお越しください!

登壇者からのメッセージ
青森の「Community cafe & bar Osora ni Niji wo Kake Mashita」での2年間を、皆様にご報告する時間を持たせていただきます。 セクシュアリティ、ジェンダー、性暴力被害、DV被害、虐待、就労先でのパワハラやセクハラ... さまざまなことを抱え店を訪れた方たち、青森で暮らすということについて向き合いながら2年間が経過しました。これまでのこと、これからのことを感謝とともに、みなさんと共有出来る時間になればと思っています。

RC-NET
http://rc-net.info

Osora ni Niji wo Kake Mashita
https://www.facebook.com/soranijiaomori/
https://twitter.com/soranijiaomori

国際基督教大学ジェンダー研究センター
http://web.icu.ac.jp/cgs/
https://twitter.com/icu_cgs

20160400_SpringBC_S.png

ICUジェンダー研究センター(CGS)では毎学期、学生主催で一冊の本をみんなでじっくりと読む、読書会を開催しています。ひとりで読むのは難しい本も、みんなで読めば大丈夫。わからない部分をお互いにシェアしながら、楽しく読み進めましょう!

(1)「慰安婦」・強制・性奴隷 ―あなたの疑問に答えます:Q&A
【編】日本軍「慰安婦」問題webサイト制作委員会編、御茶の水書房、2014年

日程:
 毎週月曜 ランチタイム(12時50分~13時40分を予定)
 初回:4月18日(月) (5月2日(月)はCGS閉室につき開催しません)
 ランチ持ち込みOKです!

会場:
 国際基督教大学 ジェンダー研究センター(CGS, ERB-1 301)

「日本軍「慰安婦」問題の解決をめざし、日本軍「慰安婦」制度に関する歴史的な事実関係と責任の所在を、資料や証言など明確な出典・根拠をもって、提供すること」をミッションに掲げた団体を中心として編まれた入門書です。日韓「合意」を経て更なる混迷を引き起こしているこの問題について基礎的な論点を踏まえるとともに、参加者それぞれの経験や知識、関心を共有してディスカッションをしていきましょう。途中参加も歓迎です。

担当:
 羽生有希 (東京大学大学院/CGS研究所助手)


(2) 現代思想2015年10月号「特集=LGBT 日本と世界のリアル」
青土社、2015年

4月29日(金)講読箇所
青山薫「「「『バイセクシュアル』である」と、いうこと」再考」
P.126-135

5月20日(金)講読箇所
渡辺大輔「学校教育をクィアする教育実践への投企」
P.210-217

6月3日(金)講読箇所
未定(4月15日現在)

6月17日(金)講読箇所
吉野靫「砦を去ることなかれ」
P.156-167

日程:
 隔週金曜 ランチタイム(12時50分~13時40分を予定)
 初回:4月15日(金)
 4月15日(金)、4月29日(金)、5月20日(金)、6月3日(金)、6月17日(金)を予定しています。
 ランチ持ち込みOKです!

会場:
 国際基督教大学 ジェンダー研究センター(CGS, ERB-1 301)

 渋谷区での同性パートナーシップ条例の制定に象徴されるように、日本の「LGBT」を取り巻く状況は大きく変わりつつあります。そこでこの読書会では現在の社会で「LGBT」が置かれている状況について、昨年出版されたばかりの現代思想2015年10月号のLGBT特集からいくつかの論考を読み、考えてみたいと思います。

担当:
 皆川勇太(ICU学部生)

月別 アーカイブ