映像と性の政治 ―映画とその上映の実践から

20170305_s.png


映像と性の政治 ―映画とその上映の実践から

日時
2017年3月5日(日)13:00~18:00
開場:12:30

言語
日本語 同時通訳なし

参加費 無料、予約不要

会場
国際基督教大学 ダイアログハウス2F 国際会議室

企画・司会
ヴューラー・シュテファン
 CGS研究所助手、東京大学大学院 博士後期課程

Program
開会の挨拶 13:00-13:10
 ヴューラー・シュテファン

Session 1 13:10-15:10 途中休憩あり
映画と(非)規範的な欲望の作り方

 アイデンティティ、欲望、そして女性映画 ―『キャロル』を手がかりに
  斉藤綾子 明治学院大学 文学部芸術学科 教授

 治安・非行対策の変遷からみる、戦後日本映画に描かれた〈青少年〉の異性愛
  中山良子 大阪大学 文学研究科 招へい研究員

 過ぎ去る列車と女性の表象 ―木下惠介『遠い雲』(1955)を中心に
  久保豊  京都大学大学院 人間・環境学研究科 博士後期課程

Session 2 15:25-17:30 途中休憩あり
映画祭とアクティビズム

 映画祭と情動:クィア・アーバニズム批判
  菅野優香 同志社大学大学院 グローバル・スタディーズ研究科 准教授

 日本における華語クィア映画の表象分析:「ひとつの中国」をめぐるクィア・ポリティクス
  福永玄弥
   東アジア×クィア×映像プロジェクト 呼びかけ人/第10回関西クィア映画祭 実行委員・華語特集責任者
   中国クィア巡回映画祭[中国酷儿影像巡] 展2014 キュレーター/北京クィア映画祭 [北京酷儿影] 展2013 キュレーター

 クィア・ビデオ・アクティビズム:中国における性的マイノリティによる「映像実践」をめぐって
  于寧 東京大学大学院 総合文化研究科 超域文化科学専攻 表象文化論コース 博士後期課程

クロス・トーク 17:30-18:00

 2016年、東京レズビアン&ゲイ映画祭が25年目、関西クィア映画祭が10年目を迎えた。映画・映像の上映は、これらのLGBT映画祭やクィア映画祭がそうであるように、主流派に排除されてしまいがちな「マイノリティ」に焦点を絞ることにより、オルタナティヴな映画空間、コミュニティやアイデンティティの形成につながりうる。一方では、どのような映画・映像も、市場原理や道徳的規範から完全に自由な形で制作されることがない以上、その上映が、非規範的なものの排除に加担するように機能する可能性も常にある。--どのような映画空間においてどのような性愛の描写、だれの欲望が許される、または忌避されるのか。このシンポジウムでは、これらの問いを出発点に、映画をみる実践、そして映画をみせる実践をめぐる性のポリティックスについてクィア・フェミニズム理論の観点から幅広く検討する。




クィア・フェミニズム映画理論 基礎文献読書会
2017年2月1日(水)、2月15日(水)12:50~15:00
シンポジウムで扱う映画も紹介予定。
講読する文献については決定次第、情報を更新します。

 当読書会につきましては、担当者の事情により開催を見送らせて頂くこととなりました。直前のご案内となり申し訳ございませんが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。(2017年1月31日更新)

第6回 みたかジェンダー・セクシュアリティ映画祭
2017年3月4日(土) 13:00~18:00
上映作品 上映後に監督・原作者トークつき
すべすべの秘法(2015、監督 今泉浩一、原作 たかさきけいいち)
Blessed ―祝福―(2001、監督 崟利子)

Pick Up!

Rev20170304_mgsff06_s.png

第6回 みたかジェンダー・セクシュアリティ映画祭 in ICU

ジェンダー・セクシュアリティをテーマに、三鷹のコミュニティから世界へ向けて発信する映画祭です。

日程
2017年 3月 4日(土)12:30-18:30
無料・予約不要(先着50名、年齢確認あり)
※年齢確認の方法は現在検討中です。決定次第、情報を更新します。

会場
国際基督教大学 ILC-163

上映作品1
すべすべの秘法
日本/2014年/81分/日本語音声、英語字幕
監督:今泉浩一
原作:たかさきけいいち

The Secret to My Silky Skin
Japanese with English Subtitles
Director: Koichi Imaizumi
Original Author: Keiichi Takasaki

作品上映 12:30-14:00
トークセッション 14:10-15:00

 両親と京都に暮らすリョータは東京での短期研修が決まり、「東京のヤリ友」であるイッセイの家に泊めてもらう事になった。朝はそれぞれが仕事に出かけて夜は一緒に過ごして寝る、ただそれだけになるはずの5日間。家に到着した最初の夜、イッセイはごく自然にリョータとセックスしようとするのだが、リョータは素直に応じることができない。実は彼には東京に来る前から一つ、気がかりな事があったのだった...。
 作品上映のあとには、監督の今泉浩一さん、原作者の漫画家・たかさきけいいちさんを招いたトークセッションを開催します。

司会、コーディネーター:加藤悠二(ジェンダー研究センター 嘱託職員)


上映作品2
Blessed ―祝福―
日本/2001年/78分/日本語音声、英語字幕
監督:崟 利子

Blessed
Japanese with English Subtitles
Director Toshiko Takashi

作品上映 15:30-16:50
トークセッション 17:00-17:50


 作者の崟利子が子ども時代に10年間を過ごした大阪の下町、西天下茶屋の路地。ふらりと30年ぶりに訪れた思い出の木造アパートには70歳をすぎたふたりの女性が当時のまま住んでいた。利子は動揺しながらビデオをまわす...。
 利子を想うサクラは、ストリップ劇場の舞台に立つダンサー。ショーの合間に、アパートを訪ねてみた。ところが誰もおらず、建物は荒れ果てている。ふたりは...? ―利子とサクラの絡み合う感情、老いた女たちの歴史、消え行く路地の風景、街のネオン、新幹線...。つきせぬ想いのつまった私的世界。
 作品上映のあとには、監督の崟 利子さんを招いたトークセッションを開催します。

司会、コーディネーター:東 志保(国際基督教大学 非常勤教員)


全体でのクロストーク 17:50-18:30
トーク:今泉浩一、たかさきけいいち、崟 利子
司会:加藤悠二、東 志保




関連イベント

シンポジウム「映像と性の政治 ―映画とその上映の実践から」
2017年3月5日(日) 13:00~18:00
 映画をみる実践、そして映画をみせる実践をめぐる性のポリティックスについて、クィア・フェミニズム理論の観点から幅広く検討する。

クィア・フェミニズム映画理論 基礎文献読書会
2017年2月1日(水)、2月15日(水)12:50~15:00
シンポジウムで扱う映画も紹介予定。
講読する文献については決定次第、情報を更新します。

 当読書会につきましては、担当者の事情により開催を見送らせて頂くこととなりました。直前のご案内となり申し訳ございませんが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。(2017年1月31日更新)


20170225_MoQueer_s.png
ポスターPDF(A3, 0.6MB)

国際基督教大学 ジェンダー研究センター YoRAP (Young Research Action Project) 公開討論会
喪とクィア
死の抽象化への反抗

日時
2017年2月25日(土)
13:00~16:00(12:30 開場)
参加無料、予約不要

言語
日本語(同時通訳なし)

会場
国際基督教大学 第一教育研究棟(ERB-1) 2階 247号室

登壇者
堀江有里
国際基督教大学、立命館大学ほか非常勤講師/信仰とセクシュアリティを考えるキリスト者の会(ECQA)代表/日本基督教団牧師

清水晶子
東京大学大学院総合文化研究科

司会・コーディネーター
井芹真紀子
CGS研究所助手/東京大学大学院博士後期課程


ディスカッションではテクストをベースとした議論を行います。事前に指定テクストを読んでご参加ください。
指定テクスト
Crimp, D. (1989) 'Mourning and Militancy', October, Vol.51, pp.3-18.


80年代エイズ・アクティヴィズムをその主要な出発点にもつクィア・スタディーズにおいて、生の喪失という主題は重要な位置を占め続けてきた。不可視化への抵抗や、暴力的に引かれる境界線を挑発的に侵犯してみせるクィアな態度は、エイズ危機における生の喪失とその社会的黙殺という経験に裏打ちされたものであったことを、わたしたちはいま一度、思い出さなくてはいけないだろう。今日の「多様性」の称揚の下で進む「LGBTの可視化」や「クィアな自由」への志向の限界点として立ちあらわれる、特定の〈生〉の不可視化や、特定の〈死〉の収奪といった問題に、クィア・スタディーズはどう向き合うべきなのか。

報告者として堀江有里さん、清水晶子さんをお招きし、「生の喪失」をテーマにクィア・スタディーズが現在直面する課題を検討します。皆様のご参加をお待ちしております。

20170217_SumireCafe04_s.png

第4回 すみれカフェ

日時
2017年2月17日(金)18:00-20:30

予約不要、途中参加・退室も自由。入場無料(茶菓代の寄付は歓迎!)。

会場
ジェンダー研究センター(ERB-1 301)

 すみれの花言葉は、「誠実」「小さな幸せ」です。
 あなたは、自分の心に誠実ですか?
 パートナーのいるあなたは、お互いを大切にできていますか?
 パートナーが今いなくても関係性について話してみたい人も、友だちや家族、身近な誰かのことが気にかかっている人も。
 すみれカフェで、恋愛のこと、付き合うということ、暴力のない関係について、お話しませんか?
 すみれにちなんだお菓子と一緒に、お待ちしています。

すみれカフェ 世話人:佐藤真依子(ID17,すみれネットワーク有志学生)、加藤悠二(CGS職員)


むらさき色は、女性に対する暴力をなくすための国際的なキャンペーンカラー。
すみれプロジェクトでは、ジェンダー・セクシュアリティを問わず、お互いに暴力のない関係を築くきっかけを、みんなで一緒に考えていきます。

20170215_SumireNetWork_s.png

すみれネットワーク ワークショップ
デートDV--心のケアと回復

日時
2017年2月15日(水)13:15-15:00
予約不要、入場無料

会場
国際基督教大学 本館104号室

講師
高山直子さん
NPO法人サポートハウスじょむ カウンセラー

 すみれネットワークでは、CGSと協力し、デートDV防止のため、暴力のない関係について気軽におしゃべりする「すみれカフェ」を開催したり、デートDVの体験談と相談先を載せたリーフレットを作成、配布してきました。
 今回の講演会では、NPO法人サポートハウスじょむのカウンセラー高山直子さんをゲストにお呼びして、デートDVと被害者の心のケア、被害者の周りの人ができることについてお話し頂きます。自分も相手も尊重するコミュニケーションのとり方(アサーション)についても学ぶことができる機会です。ぜひご参加ください。


むらさき色は、女性に対する暴力をなくすための国際的なキャンペーンカラー。
すみれプロジェクトでは、ジェンダー・セクシュアリティを問わず、お互いに暴力のない関係を築くきっかけを、みんなで一緒に考えていきます。

20170213_fuwacafe039_s.png

日時:
2017年2月13日(月) 18:00-20:30

入場無料、予約の必要はありません(茶菓代の寄付、お菓子の持ちよりは歓迎です)。
途中からの参加、退室も自由です。

場所:
ジェンダー研究センター
 第一教育研究棟(ERB-1) 301
 本館のとなり、図書館の正面にある建物。
 窓にレインボーフラッグが飾られた、3階の角部屋です。

トークテーマ
Like, Like, Love.
好き好き大好き

好きって言葉をよく聞くけど、ピンと来ない。
好きな人はいるけど、言えない。
好きと言われて、困った。
人を好きになったことないし、興味ないし、とかも。
そもそも、恋愛とか、人と付き合うことって、ナニ?「スキ」について、みんなでふわっとおしゃべりしよう。

 みんなでふわっと、おしゃべりしよう。

「同性が好きかもしれない」
「男女両方が好きかもしれない」
「自分は恋愛とか興味がない」
「いまの身体は女性だけど、男性として見られたい」
「いまの身体は男性だけど、女性として見られたい」
「性別で自分のことを決めつけられたくない」
「自分の性の在り方をひとつに決めつけたくない」
 ...または、これらには当てはまらないけど、気になること、話してみたいことがある。そんなジェンダーやセクシュアリティのこと、みんなでふわっとおしゃべりしてみませんか?
 お菓子や飲み物を用意して、みなさんの参加をお待ちしています。

(第39回ふわカフェ世話人:Lindsay Morrison/加藤悠二)

月別 アーカイブ