第16回ふわカフェ


20140924_fuwacafe_s.png
みんなでふわっと、おしゃべりしよう。
第16回 ふわカフェ開催のおしらせです。

日時
2014年9月24日(水)18:30-21:00
 入場無料、予約の必要はありません(茶菓代の寄付、お菓子の持ちよりは歓迎です)。
 途中からの参加、退室も自由です。

トークテーマ:
自分のからだを考える
自分のからだについて考えたことってありますか? ふと感じていること、ずっと考えていること、特には考えていないけど気になること、からだにまつわる様々なことをふわっとおしゃべりしませんか?

場所
ジェンダー研究センター
 第一教育研究棟(ERB-1) 301
 本館のとなり、図書館の正面にある建物。
 窓にレインボーフラッグが飾られた、3階の角部屋です。


「同性が好きかもしれない」
「男女両方が好きかもしれない」
「自分は恋愛とか興味がない」
「いまの身体は女性だけど、男性として見られたい」
「いまの身体は男性だけど、女性として見られたい」
「性別で自分のことを決めつけられたくない」
「自分の性の在り方をひとつに決めつけたくない」
 ...または、これらには当てはまらないけど、気になること、話してみたいことがある。そんなジェンダーやセクシュアリティのこと、みんなでふわっとおしゃべりしてみませんか?
 お菓子や飲み物を用意して、みなさんの参加をお待ちしています。
(第16回ふわカフェ世話人:上田真央/加藤悠二)

Pick Up!



2014Autumn_bookclub_s.png

 ICUジェンダー研究センター(CGS)では毎学期、学生主催で一冊の本をみんなでじっくりと読む、読書会を開催しています。一人で読むのは難しい本も、みんなで読めば大丈夫。
 わからない部分をお互いにシェアしながら、楽しく読み進めましょう!



近代日本における女同士の親密な関係

開催日程
毎週水曜 ランチタイム
(初回:9月24日)

会場
国際基督教大学 ジェンダー研究センター(ERB-1 301)

書籍情報
近代日本における女同士の親密な関係
  著:赤枝香奈子
出版社:角川学芸出版
出版年:2011年

日本の近代化にともなう女の友情や愛情、女子学生同士の親密な関係など親密性の変容を扱った書になります。基礎的なことばや知識の確認をしながら、ゆっくり読んでいければと思います。初回は、顔合わせと読み進め方について参加者のみなさんと一緒に決めたいと思います。ランチを食べながらの開催になるので、お気軽にご参加くださいね。

担当者
上田真央(CGS研究所助手)



The Sexuality of Migration: Border Crossings and Mexican Immigrant Men

開催日程
毎週木曜 19時~
(初回:9月25日)

会場
国際基督教大学 ジェンダー研究センター(ERB-1 301)

書籍情報
The Sexuality of Migration: Border Crossings and Mexican Immigrant Men
  編:Lionel Cantu, Nancy A. Naples, et al
出版社:NYU Press
出版年:2009年

"The Sexuality of Migration"は、米国に移住した、メキシコ出身のMSM(Men who have sex with men)の経験をもとに、セクシュアリティと移住を結びつけて考察する論文集です。セクシュアル・マイノリティの難民申請から、メキシコのゲイ観光まで幅広い話題があるので、参加者の興味に応じて読む章を選びます。ゆっくり読み進めていくので、英語が不得意、論文が苦手という方も楽しめると思います。是非ご参加下さい!

担当者
吉田 匡(ICU学部生)



クィア文献購読 「ジェンダー・トラブル」他

開催日程
毎週金曜 19時~
(初回:9月26日)

会場
国際基督教大学 ジェンダー研究センター(ERB-1 301)

まず『ジェンダー・トラブル―フェミニズムとアイデンティティの攪乱』(【著】ジュディス・バトラー 【訳】竹村和子(青土社、1999年))を数章読み、ジェンダー・セクシュアリティ論の基礎文献をいくつか読みます。どの文献を読むかはリストの中から皆さんと決めたいと思います。読もうとは思っていたけどなかなか一人では難しいなと感じていた方、まだあまり詳しくないけどジェンダーに興味があるという方でも、歓迎です! 難解な本なので、ゆっくり優しく読もうと思っています。参加お待ちしております!

担当者
松田 英亮(ICU学部生)


20140918_TeaParty_s.png
【日時】
2014年9月18日(木)、19日(金) 12:40-15:00

【会場】
ジェンダー研究センター
第一教育研究棟(ERB-I) 301
※入場無料、予約不要、入退場自由
※ランチの持ち込みも自由です


 CGS(ジェンダー研究センター)はジェンダー・セクシュアリティー研究に関心がある全ての人たちに開かれたコミュニケーションスペースです。今学期も新入生を含む学内の皆さんに私たちを知っていただく機会として、ティーパーティーを開催します。
 pGSS (ジェンダー・セクシュアリティ研究メジャー)についての質問や、登録・履修に関する相談もできますよ。
 所員、院生、学生スタッフ一同、お茶とお菓子を用意してお待ちしております。
 予約不要! ふらっとお立ち寄りください。


20140915_NL017.png

CGSニューズレター 017号が完成しました。
CGSなどでペーパー版を配布しているほか、以下のURLより、pdf版がダウンロードできます。是非ご覧下さい。
なおペーパー版・pdf版に収録されている記事は、要約の場合があります。記事全文は、以下の目次から各記事のエントリーをご覧下さい。

CGSニューズレター 017号をダウンロード(PDF,1MB)

CGSニューズレター 017号目次
(各記事のエントリーにリンクしています。クリックしてご覧ください。)


CGSセンター長:生駒夏美
【CGS Newsletter017掲載記事】

 今年、CGSは創立10周年を迎えました。これまでの10年は、CGSの創始者である田中かず子先生の強力な引力のもと、センターを誰もが安心できる居場所として確立させるべく、また、ジェンダー・セクシュアリティ研究を軌道に乗せるべく、関係者一同で実に様々な活動をしてきました。国際ワークショップや講演会の開催、ジェンダー・セクシュアリティ研究メジャーの運営や、研究者の育成、学内外とのネットワークを構築する活動として「多摩ジェンダー教育ネットワーク」への協力を行うのに並行して、ジャーナルやニューズレターを通しての研究成果や情報の発信、学内での人権イシューやLGBT学生支援の活動、子育て支援にむけての運動、ジェンダー・セクシュアリティ特別相談窓口の開設など、いくつも同時進行的に行なってきました。センターがこのように活動してこられたのは、ひとえにCGSに関わってくださった皆様のご支援のお蔭です。心より感謝申し上げます。

 10周年を迎えた2014年春には、折しも田中先生が定年退職されたわけですが、これからの10年を考えたとき、私たちはこれらの活動を可能な限り継続しつつも、創立当初と比較しての予算規模の縮小や、人的リソースの減少などの現実もまた、考慮する必然性に迫られています。マッチョな働き方を問い直し、スタッフや所員が燃え尽きてしまわないように、持続可能なセンター運営と効果を両立させるために何ができるか、手探りしながら進んで行きたいと思っています。そのためには数多い課題の中から焦点を絞っていく必要があると考えています。具体的には学内におけるジェンダー・セクシュアリティ問題に焦点を当てた支援と発信を大切にし、同時に大学教育/制度におけるジェンダー・セクシュアリティの問題を中心テーマのひとつに据えていこうと思います。今年11月には10周年記念のシンポジウムを開催しますが、そこでも私たちのすぐ近くにある国際問題、またキャンパスにおける国際問題を取り上げ、他者の問題ではなく自己の問題として、ジェンダー・セクシュアリティ問題を考える機会を設ける予定です。

 昨今、他の大学からLGBT学生支援について、CGSにお問い合わせいただく件数が飛躍的に増加しております。日頃CGSスタッフがイニシアチブを持って取り組んできた活動の成果を大変喜ばしく思うと共に、他大学においてもジェンダー・セクシュアリティ・センシティブなあり方の必要性を感じる人々が増加してきたことを嬉しく感じています。しかし、まだまだ大学での課題も山積みしていますし、大学以前の教育制度における問題や、大学の外の社会における男性中心性、男女二元論、異性愛規範など、大きな問題が依然としてあります。そんな中、「誰もが安心できる居場所」を守り育てていくことはセンターとして最重要課題と感じています。今後もスタッフ、学生・院生、所員と共にそのために活動していく所存ですので、どうぞよろしくお願い致します。


CGS 副センター長 : 高松香奈
【CGS Newsletter017掲載記事/特集「CGS 10周年記念シンポジウム」】

CGSは2014年11月23日(日)に、シンポジウム「境界と共生を問い直す:ナショナリティ、身体、ジェンダー・セクシュアリティ」を開催します。CGS開設10周年を記念して行われるこのイベントについて、イベント全体像を運営委員の高松香奈が、各部会の内容を準研究員の堀真悟と松﨑実穂、研究所助手の佐々木裕子がご紹介します。