クィア・ネガティヴィティ再考

20150418s.png A3ポスターデータ(PDF, 約700KB)

国際基督教大学 ジェンダー研究センター・東京大学大学院総合文化研究科:表象文化論コース:清水晶子研究室 共催
YoRAP (Young Research Action Project) 公開討論会

クィア・ネガティヴィティ再考

日 時:2015年4月18日(土) 10:00〜17:30(開場 9:30、途中休憩あり)
会 場:国際基督教大学 ダイアログハウス2F 国際会議室
言 語:日本語
参加費:無料、予約不要
テクストをベースにした議論が中心になります。事前に指定テクストを読んでご参加ください。
文献に関する詳細は4月以降CGS Onlineにて公開予定です。

プログラム
10:00-12:00 基調報告
 宮澤由歌(大阪大学大学院 人間科学研究科 博士後期課程/日本学術振興会特別研究員)
 藤高和輝(大阪大学大学院 人間科学研究科 博士後期課程)
 島田陽祐(大阪大学大学院 人間科学研究科 博士後期課程)
 飯田麻結(ロンドン大学ゴールドスミス校 メディア・コミュニケーション学科 博士後期課程)
 羽生有希(東京大学大学院 総合文化研究科超域文化科学専攻表象文化論コース 博士後期課程)
 井芹真紀子(東京大学大学院 総合文化研究科超域文化科学専攻表象文化論コース 博士後期課程/CGS準研究員)
13:00-17:30 ディスカッション(途中休憩あり)

司会:清水晶子(東京大学大学院総合文化研究科 准教授)
コーディネーター:井芹真紀子

共催:国際基督教大学 ジェンダー研究センター・東京大学大学院総合文化研究科:表象文化論コース:清水晶子研究室

「クィアな否定性」はクィア・スタディーズが成立した時点から続くひとつの理論的方向性を示す概念である。しかし、現在のクィア理論の言説においてこの概念はどう使われてきているのか。そこからどのような理論的・政治的帰結が予想されるのか。それらと異なる形でクィアな否定性のあらたな可能性を切り出すことはできるのか、その時それは「否定性」という枠組みで考えられるべきものなのか。この研究会では、クィア・ネガティヴィティにかかわるそのような問題を、哲学・精神分析批評・科学論・障害学などの様々な分野との交差点から総合的に再検討する。

Pick Up!

ジェンダー研究センター2015年3月10日(火)は臨時閉室いたします。ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。


20150308_pres.png
ジェンダー研究センター開設10周年記念 YoRAP (Young Research Action Project) シンポジウム
希望をつなぐ〈場〉をつくる
それぞれの地域におけるジェンダー・セクシュアリティの課題

あなたの望みは、どんな〈場〉にありますか?
研究センター
コミュニティセンター
コミュニティカフェ
オンラインコミュニティ
地域センターとの恊働
イベントの開催 などなど...

それぞれが在住する地域で
ジェンダー・セクシュアリティの課題を
乗り越えるための〈場〉をつくること、
一緒に考えてみませんか?

日程
2015年3月8日(日)10:00-17:00

会場
国際基督教大学 ダイアログハウス2F 国際会議室

言語
日本語(同時通訳なし)

参加費
無料・予約不要

スピーカー/プログラム
10:00-10:20 イントロダクション
加藤悠二  司会・コーディネーター/ジェンダー研究センター 職員

10:20-11:15
宇佐美翔子  NGO レイプクライシス・ネットワーク アドボケートカウンセラー/Community cafe & bar Osora ni Niji wo Kake Mashita共同オーナー
岡田実穂  NGO レイプクライシス・ネットワーク 代表/Community cafe & bar Osora ni Niji wo Kake Mashita共同オーナー

11:15-12:00
村木真紀  特定非営利活動法人 虹色ダイバーシティ 代表

13:00-13:45
新山 賢  HaaTえひめ 代表

13:45-14:30
山下 梓  ゲイジャパンニュース 共同代表/岩手レインボー・ネットワーク 主宰

14:30-15:15
砂川秀樹  レインボーアライアンス沖縄 共同代表

15:30-17:00
フロアディスカッション


20150227_kosodate_s.png
ポスター(A4サイズPDF、約550KB)

ジェンダー研究センター トークセッション
みんなで語ろう!大学での子育て #04

日時:2015年2月27日(金) 13:50〜15:00
場所:国際基督教大学 ERB-1 357会議室
コーディネーター:生駒 夏美(ジェンダー研究センター センター長)
参加費:無料・予約不要
言語:日本語/英語


 大学と子育ては関係ない? 学生、教員、職員... ICUは、子どもをもつ多くの人に支えられています。どんな制度や設備があれば、親はよりよく勉強や仕事ができ、子どもたちも健やかに育つのか? 「親も子も成長できる場としての大学」を目指して、様々な立場の参加者と、経験や意見をシェアしましょう。将来、働きながら子育てしたい人もぜひどうぞ! お茶とお菓子を囲んでの、気楽なひと時です。


★ ICU授乳室、利用登録受付中。登録は、保安グループ(本館116)で行えます。
 授乳室利用に関する情報は、CGSでも手に入れることができます。


20150224_s.png
日時
2015年2月24日(火) 13:00~16:00

場所
ERB-1 301

プログラム
13:00-16:00 研究成果発表
13:00-13:30 吉田 匡(国際基督教大学)|学士論文発表
東京はゲイの楽園?:東京在住の地方出身者ゲイのためのオンライン掲示板に見られる言説分析

13:30-14:10 佐々木 裕子(東京大学大学院 総合文化研究科 修士課程)|修士論文発表
痛み、傷、からだ ―自傷行為と身体改造における<回復>ナラティヴの批判的考察

14:10-14:40 佐久間 明日香(CGS準研究員)|研究中間報告
バレエにおけるジェンダー&セクシュアリティ

14:40-16:00 茶話会

 ジェンダー研究センターに集う学生・研究者による研究成果発表会です。どなたでもご参加頂ける、アットホームな、しかし活発な議論のある会にできれば、と考えています。ぜひご参加ください。


20150214_RIM_s.png
YoRAP 2015 研究成果発表会
理想化される母:日本文学における事例研究
 *本イベントは英語での開催です(同時通訳なし)。

YoRAP 2015 Research Presentation
Idealization of Mother: Case Studies in Japanese Literature

Time and Date:
February 14th, 2015 (Sat), 13:00-16:00

Place:
ICU Alumni House, 2nd Floor Lounge

Language:
English (No Simultaneous Interpretation)

Participation Fee:
Free, No Reservation Necessary

Presenters:
Natsumi IKOMA (Senior Associate Professor, ICU / Director, CGS)
"To Miss the Missing Mother: Absence of Real Mothers in Japanese Literature by Male Authors"

Juliana BURITICA ALZATE (Doctoral Candidate, ICU)
"Nearer to or Farther from the Idealized Mother: Portrayals of Motherhood by Japanese Women Writers"

Lindsay R. MORRISON (Doctoral Candidate, ICU / Research Institute Assistant, CGS)
"In Search of What Is Real: the Role of Nature in Japanese Literature on the Mother and Home"

Event Details:
This panel will examine representations of motherhood in Japanese literary works from the modern period to contemporary times. In doing so, the panel will primarily explore how the male gaze idealizes motherhood in its memory or absence, and how the female gaze instead resists and subverts this ideal. The shared premise underlying the presentations is that the idealized representation of motherhood needs to be revised from critical and gender perspectives.

月別 アーカイブ